So-net無料ブログ作成
検索選択

ブルーレイDIGAとVARDIAを比べて 続き [DVD/BDレコーダー等、録画関連]

以前、パナソニック DIGA DMR-BF200-K を買って、VARDIAと比べた感想を書きました。
ブルーレイDIGAとVARDIAを比べて http://tk-g.blog.so-net.ne.jp/2011-01-27

その記事が閲覧されていたので、その後の感想を書くことにしました。

●起動にかかる時間
テレビ番組で、すぐに起動するブルーレイ/DVDレコーダーは電源OFFのときも、それなりに電気を使っていると放送していました。
すぐに起動しないようなモードに設定すれば節電になると言っていたので、DIGAの設定を少し見ましたが、すぐに分からなかったので、DIGAはすぐに起動するレコーダーとして使うことにしました。

起動が遅いレコーダーは電気をあまり使っていないと思うと、それはそれでいいような気がしました。

●DIGA 録画予約
前の記事では、「月~金」「月~木」等の設定がなかったと書いたのですが、
DIGAには毎週予約設定で曜日毎に録画する/しないを指定することができました。
「水・木」という指定もできて便利でした。

録画予約をその日だけキャンセルしたいときは融通が利かず、予約取消をしないといけませんでした。
毎週予約設定で その日の曜日を「録画しない」に設定しても、しっかり録画していました。

放送が無い場合は、予定されていた時刻・時間の録画を行い、録画予約一覧に「注意」のようなリストを表示していました。

DIGAは特番等で放送が無くなっても、とにかく録画する感じでした。

●省エネ機能?
出力はHDMIとビデオ出力端子を2台のテレビに別々に繋いでいました。 部屋と台所で観れるようにしていました。

VARDIAは問題ないのですが、DIGAはHDMIを繋いだテレビが電源OFFだと勝手に電源OFFになる省エネ設計だったので、台所でDIGAを観るときは、部屋のテレビも電源ONにして無駄に電気を使うことになりました。

現在の感想はこんな感じです。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: