So-net無料ブログ作成

犬がいた!! 未完成(未済) [変なオバサン]

(事実を基にしたフィクションです。)

下(の階)のオバサンが転居してから半月が経つ。

オバサンはいないのだが、犬のすえたような臭いやアレルギーの痒みはポツンポツンと発生していた。

クサイ臭い対策や音による犬対策をしてみると、犬が吠えたりしたが、どこに犬がいるのかはハッキリ分からなかった。

犬が吠えたのが聞こえたのは近いもので2方向、新住人の部屋の方向と自室のトイレの方向だった。
トイレの方向から犬が吠えるのが聞こえるのは、二階建民家のお隣さんが犬を飼っているとしか思えなかった。

犬の臭いがしてくるのはベランダの方からが ほとんどで、たまにバス・トイレが臭くなっていた。
お向かいのペットの臭いがここまで臭ってくるのか?とも考えてみたが、バス・トイレは理解できない。
お隣さんがペットを飼っていたとしても、うち(3階)のバス・トイレに臭いが籠るのはおかしい。

試しにトイレでクサイ臭い対策をしてみた。
新住人の部屋の方から悲鳴のような声が聞こえた。多分、犬が調子悪そうになったのだろう。

どうやらトイレの通気孔は、臭いだけでなく 音も運んでいるようだった。
新住人がトイレに犬を入れているときに犬が吠えると、自室のトイレで犬が吠えているように聞こえるのだ。

ということで、新住人が犬を飼っているらしいことが分かりました。
新住人は入居時、犬を飼っている住人がいることを知らされていました。
ペット禁止ではあるけど、隠れてペットを飼っている人がいるから、自分達もペットを飼っても大丈夫と思って入居したと思われます。

〇〇〇〇オバサンに協力的だったのが納得いきました。

(犬はペット可の物件で正しく飼いましょう。)

新住人(男)から引越しを勧められていましたが、
新住人(女)は引っ越してきたばかりだからと言っていました。

早く引っ越して下さい。








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0